Why don't they understand?/I'll make you my baby

この写真は1965年頃のものですが、ローリング・ストーンズにマネジャーのアラン・クラインを紹介した 事から事務所が同じだったビートルズのジョン・レノンなどとも交流をもったと後年、ボビーは語っています。 1970年ごろにはクラインが多忙となり代わりにPete Bennettがボビーのマネージメントを担当していたようです。  本題に移ります。1970年の後半にはいると、これまで順調に…

続きを読む

Red roses for Mom

 1966年"Coming home soldier"はBillboardでは最高位11位,Cash Boxでは8位を記録。  ボビーには久々の大ヒットとなりました。当時、丁度、ベトナムからの帰還兵が本土に迎えられたことも  あり、この作品に大きな注目が集まったのはタイムリーなことも影響しましたが、ヒットチャートにこういった  作品がランクされるのは、このあたりが最後で、以降は、チャートで…

続きを読む

All my todays

今回は"Day"をテーマにした作品の特集です。  ”It's been one of those days"はChester Lester-Tim DuBois-Mike Seals の作品。1989年カントリーチャートで64位を記録しました。  https://www.youtube.com/watch?v=qj8tN9knoNk https://www.…

続きを読む

Night Life

    今回は"Night"(夜)をテーマにした特集です。 "Long lonely nights"はLee Andrews-Bernice Davis-D. T. Henderson- Mini Unimanの作品。ボビー・ヴィントン盤は1965年全米17位を記録  しました。 https://www.youtube.com/watch?v=4hJjVkosUnw ”…

続きを読む

Where is love?

4月16日で82歳を迎えたボビー・ヴィントン。何らかの情報が出てくる のではないかと期待されましたが、依然沈黙のままで彼のFacebook上やファン のFacebookでも誕生日を祝うメッセージのみで心配はつのるばかりです。  さて今回は前回に続き自身のペンになる作品集。"Love"をテーマにした  作品の特集です。  Duquesne Universityで作曲学を専攻したボ…

続きを読む

I love you the way you are:Songs written by Vinton

 前回のブログからかなりの期間が経過しましたが依然ボビーの健康状態  についての情報はなくアメリカの一部のゴシップ誌では「引退?」とも報じて  いますが、確実な情報ではありません。またボビーのほかに最近活動の停止  しているアーティストとしてBrenda Lee, Bobbie Gentryなどの名もあがっていま す。   今回ボビー自身のペンによるいくつかの作品を紹介します。 …

続きを読む

When I was seventeen

"Red roses for Mom" http://www.youtube.com/watch?v=htUTUXPonEk Bobby Vintonはディスコ向けにDance mix盤を4曲制作している。   1979年にリリースした"I could have danced all night/Disco polka" …

続きを読む

Tony Hatch 作品集

     英国のBacharachと呼ばれるTony Hatch(1939-)の作品は 日本でもよく知られている。本国では伴侶でもあるJackie Trentとのコンビを "Mr & Mrs. Music"と呼ばれ高く評価されミュージカルの世界にも進出している。  ”Look for a star"(星をもとめて)は1960年のGary Mills盤  全米16位を記録。 …

続きを読む

 When I fall in love: 恋に落ちた時

  "When"には「いつ」「・・するとき」「・・・するのに」などの意味があり   ポピュラーソングのタイトルにもよく使用される。   ”When will I be loved"(いつになったら愛されるのかしら)はPhil Everlyの1960年   の作品。Linda Ronstadt盤が1975年全米2位を記録。        http://www.youtube.com/…

続きを読む

Only the lonely

今回は"lonely"(淋しさ)の特集。 "Alone again"はGilbert O'Sullivanの自作自演で1972年全米第1位を記録。          http://www.youtube.com/watch?v=D_P-v1BVQn8 "Lonely boy"はPaul Ankaの自作自演で1959年全米第1位を記録。         h…

続きを読む

Precious and few: そよ風にキッス

   今回は「そよ風」breezeをタイトルに含む作品の特集。    ”Breeze & I"(そよ風とわたし)別名:AndaluciaはAl Stillman-Ernesto Lecuona- Tutti Camarataの作品。1955年Caterina Valente盤が全米8位を記録。               http://www.youtube.com/…

続きを読む

Reason to believe

  今回は"reason"(理由)の特集。 "There's a reason"はCascadesの1962年の作品。メンバーのJoe Gummoeが    曲を書いた。     http://www.youtube.com/watch?v=IYXzzrDoH2U    "Reason why"はRick Nelsonの1970年の…

続きを読む

Why don't you believe me

今回は"Why"を含む作品の特集。 ”Why don't you believe me”(何故信じてくれないの)    はJoni James盤が1952年に大ヒット。        http://www.youtube.com/watch?v=sHJQ6BGyFXg    "Why do I love you so"はClifford Rhodesの作品。J…

続きを読む

"Melodies of love/Heart of hearts"

Bobby VintonのCDが久々にリリースされた。といっても実際には  2008年に発売されていたらしい。Copyrightは2008 Polygramと  なっておりabc Recordsのロゴマークもついている。東欧でも人気の高い  ボビー。EUとありおそらく、Estoniaあたりでの発売と思われる。     アメリカのabcでのアルバムの第1作と2作の2…

続きを読む

Beat of my heart

今回はタイトルに"My heart"を含む作品の特集。   "Somebody's breakin my heart in two"はT Harrisの作品。   ボビーの1972年の録音。     https://www.youtube.com/watch?v=olkfg-sbMCE    "There goes my heart"はBe…

続きを読む

Lonely street: Lady of the house

  今回は町(街)に関する作品の特集。  "Runaway"(悲しき街角)はDel Shannon-Max Crookの作品。  Del Shannon盤が1961年全米第1位を記録。    https://www.youtube.com/watch?v=sTM3hJ8chnw  "Lonely street"(淋しき街角)はKenny Sowder-W.S.Steve…

続きを読む

Take good care of my baby/Tears

 今回は別れの歌の特集。  ”I know a goodbye"は1984年に発売されたシングル。 Darrel Puckett-Glen Wolf-Chuck Howardの作品。 親しみやすさもチャート・インしませんでした。    http://www.youtube.com/watch?v=l-pMwENYhys  ”Take good care of my ba…

続きを読む

I remember you: Forget me not

"Remember"には「忘れない」「覚えている」「よろしくと伝える」  などの意味がある。”Forget"には「忘れる」「思い出せない」という  意味がある。   "I'll remember "(in the still of the nite)はFred Parrisの作品。   Five Satins盤が1956年全米第24位を記録。ボビーの録音は1963年。    …

続きを読む

Bobby's favorites: My special angel

今回はボビー・ヴィントンのレパートリーから2度以上録音されている   作品の特集。   ”You are my sunshine"はJimmy Davis-Charles Mitchellの  1943年の作品。ボビーは1961年と1976年に録音しています。  今回は1976年の録音で。  https://www.youtube.com/watch?v=yFcB…

続きを読む

"Roses are red/Sings the big ones"

Bobby VintonがリリースしたAlbumのなかには いまだにCD化されていない作品がかなりあります。  "Roses are red"(涙の紅バラ)は1962年7月に発売され  最高位第5位を記録したベストセラーアルバム。  副題は"And other songs for the young and sentimental"    日本では25cmLPで曲目を2曲減ら…

続きを読む

未CD化シングル: But I do

 今年で歌手生活50周年を迎えるBobby VintonだがSony/BMGは   彼のCDの発売を検討してないようだ。もちろんABC以降の音源は   ボビー自身が管理しているが、こちらも発売はむつかしそうだ。    さて今回はボビーのヒット曲でいまだCD化されていない作品を特集する。 "For he's a jolly good fellow"はRay Steven…

続きを読む

Laughing on the outside: ballads for the lost love

4月16日でボビー・ヴィントンは77歳。過去の例をみると個人差はあるが   80歳を過ぎるといろんな面に衰えがでてくる。Steve Lawrence, Johnny Mathis も今年、ボビーと同年となる。Tony Bennettは85歳でも現役で活躍しグラミー   賞も獲得したがこれは特例。ただTonyにしても発声がくるしそうに感じる。    さて今回はボビー…

続きを読む

I'd never find another you: 恋はたったひとつ

  今回はタイトルに"another"を含む作品の特集。 "Another Saturday nights"はSam Cookeの1963年の作品。同年  全米第10位を記録。ボビー・ヴィントンのステージ・ナンバーでもあり  ます。 http://www.youtube.com/watch?v=ogIG55gI0KE  "Another you"はCosenza-Til…

続きを読む

日本未発売シングル: Sweet Maria

  今回はボビー・ヴィントンのこれまで欧米で発売されたシングル盤  から未CD化作品を集めてお届けします。  "Sealed with a kiss"(涙のくちづけ)は1972年夏の大ヒット。ボビー  は、その後も何度もこの曲を録音している。   1988年Curb Recordsに移籍後の第一弾シングルは"Sealed with a kiss/ Last rose"のカップ…

続きを読む

Frsehman and a sophomore: Graduation day

3月になると、卒業式, 大学入試および結果発表、新年度への準備など  学校関係の行事で4月を前に多忙な日を送る人も多い。   今回は学校に関係した作品の特集。  "Be true to your school"はBeach Boys盤が1963年全米第6位  を記録。 http://www.youtube.com/watch?v=T4dHkSAciJs …

続きを読む

Always always: Always

今回はタイトルに"always"を含む作品の特集。  "Always something there to remind me"はHal David-Burt Bacharachの作品。  Sandie Shaw盤が1965年全米第54位を記録しました。      http://www.youtube.com/watch?v=DsB-_le-VEg  ”I've alw…

続きを読む

"All": "All my todays"

  今回はボビー・ヴィントンのレパートリーからタイトルに"all"を含む  作品の特集。   ”if that's all I can"はフランスの"Adieu jolie candy"が原曲。  1973年の録音で欧州で注目されました。  http://www.youtube.com/watch?v=EgljExO5u7o  ”It's all in the game"(…

続きを読む

Nice to be with you: So nice

"Nice"とは、ここちよい、すてきといった意味につかわれる  場合が多い。別の意味もあるが今回は今年の日本再生を  願い、”nice"をタイトルに持つ作品の特集。  ”Nice to be with you"は1972年Gallery盤が全米第4位を記録。    http://www.youtube.com/watch?v=0cFm2a5vykc  ”Nice to …

続きを読む

Wonderful melodies: Born to be with you

今回は筆者の選んだボビー・ヴィントンの名唱集。  < かって日本で発売されていたこのCDとは特に関係なく選曲しました。  (My little)Christieはボビーの自作。ボビー夫妻の第1子Christineに捧げた作品。    May 8, 1968 Nashville 録音。 http://www.youtube.com/watch?v=gfLFEOr1dcU…

続きを読む

Vinton sings Vinton: 自作自演集 4

  このシリーズの4回目。  ”Polka pose"はABC Records在籍時に録音されましたが、  今回はCurb Recordsでの再録音でお聴きください。      http://www.youtube.com/watch?v=1aGhOBlq9jE  ”My first & only love"はシングル"Summerlove sensation"のB面としてリリ…

続きを読む