プラチナ・ディスク獲得

 ボビーは以前からポルカを中心にしたアルバムの制作を希望していた。ABC Recordsでは無理と判断し、カナダの通信販売中心 のレコード会社Ahed Musicに接触し1976年になんとか発売にこぎつけた。この会社はMOR系のアーティスト、Carpenters, Jim Croce Patti Page, Charlie Rich, Don Hoなどの編集盤や再録音盤などをリリースして…

続きを読む

ムーンライト・セレナーデ/幸せの白い鳩(パロマ・ブランカ)

最初に最近アップロードされた映像を紹介します。(Ed Sullivan Show) 1969年7月6日の映像で以前NHK-BSで放映されたこともありますが、映像がクリアになっています。 「悲しき天使」はスタジオ録音ではスローテンポで録音していますがここでは一転してバンドをバックに スイング調で聞かせます。 https://www.youtube.com/watch?v=spK7yI…

続きを読む

奇跡的な復活: 愛のメロディー

 Epic Recordsを退社し、失意のボビーでしたがヒット曲が必要と感じていました。母親からの「ポーランド系アメリカ人のための曲を書きなさい。」というアドバイスを受けラスベガスで聞いた"Herzen haben keine Fenster ("Hearts have no windows") by Elfi Graf"という東ドイツの作品でドイツとオーストリアでヒットした作品を思い出…

続きを読む

苦難を乗り越えて

   公開中の映画「ゴジラVSコング」にボビーの1963年のヒット"Over the mountain"が使用されていることを 連絡しておきます。   https://www.youtube.com/watch?v=lOCESJhoGDk 本題にはいります。  本国ではマイナー・ヒットに終わった"Hurt"(心の痛み)が大ヒットしたベルギーやオランダでは次のシングルが必要だっ…

続きを読む

そよ風の恋/心の痛み "But I do/Hurt"

1972年Epic Recordsはアルバム"All time greatest hits"を11月にリリースした。当初、この2枚組LPはアルバム"Ev'ry day of my life" についでリリースする予定であったが、「涙のくちづけ」がヒットしたため、発売を遅らせたためレコード番号がAlbum ”Sealed with a kiss"より若くなっており、1962年から1972…

続きを読む

涙のくちづけ"Sealed with a kiss"

1972年ボビーが次に選んだシングルは"Sealed with a kiss"(涙のくちづけ)だった。ボビーは1962年に一度、この曲のオッファー をうけていたが、「涙の紅バラ」の次のシングル"Rain rain go awa"(涙の太陽)をすでに録音していたためBrian Hylandに譲った。 10年経過してボビーは自身の制作で1972年3月16日Hollywoodで編曲者にAl …

続きを読む

スランプ脱出?

https://www.youtube.com/watch?v=tXmX-wIp-eY この映像は最近、投稿されたEd Sullivan showの映像で1966年のヒット"Dum-de-da"(恋する二人)のB面に収録されていた "Blue clarinet"の映像です。1966年5月29日の映像で約55年前です。  ボビーは当然、シングルのA面”Dum-de-da"を歌い…

続きを読む

Why don't they understand?/I'll make you my baby

この写真は1965年頃のものですが、ローリング・ストーンズにマネジャーのアラン・クラインを紹介した 事から事務所が同じだったビートルズのジョン・レノンなどとも交流をもったと後年、ボビーは語っています。 1970年ごろにはクラインが多忙となり代わりにPete Bennettがボビーのマネージメントを担当していたようです。  本題に移ります。1970年の後半にはいると、これまで順調に…

続きを読む

名盤誕生

 本題の前に、前回紹介できなかった映像をご覧いただきます。 2002年自身の劇場でのライブ映像から名場面を編集したビデオです。  https://www.youtube.com/watch?v=Kvc6HwP2Iy8 劇場は2002年に売却されましたが事務所はまだBransonにあり、ファンとの交流の窓口になっています。 ボビー・ヴィントンへのメールは以下で受け付けています。 B…

続きを読む

新春 秘蔵映像

 2021年になりました。 今回は最近発掘したボビー・ヴィントンの映像をお届けします。 TV"Pink Lady and Jeff"は日本のピンク・レディをメインにすえてオンエアーされましたが、短期間で打ちきられてしまいました。 その最終回にボビーはゲストで出演しています。1980年4月の映像です。 Hit medley:Roses are red/Blue on blue/…

続きを読む

オッファーを受けるも!?

1969年の「砂遊びした頃」のあとボビーのシングルは発売されず、ファンは心配していた。Epic Recordsは12月にAlbum"Greatest hits of love"をリリースした。"Greatest hits"(1964)"More of Bobby's greatest hits"(1966)に続くヒット曲の編集盤だが全曲ビリー・シェリル の制作曲で編集されたため"Comi…

続きを読む

砂遊びした頃/君を想いつめて

 1969年初頭は依然「こんなに愛しているのに」がチャートで上位を維持。ボビーはサハラ・ホテルを皮切りに ラスベガスでの本格的な活動を開始します。   ビリー・シェリルが次に選んだシングルは、再びフィル・スペクターがらみの"To know you is to love you"でした。 1969年2月11日にBill McElhineyの編曲で録音し3月10日にリリースし最高位34位を記録…

続きを読む

久々の「ゴールドディスク」こんなに愛しているのに"I love how you love me"

「虹のパラダイス」"Halfway to paradise"の予想外の健闘に気をよくしたProducerのビリー・シェリルが次作に 選んだのは1961年にParis Sisters盤が全米5位を記録した"I love how you love me"でした。1968年7月11日ボビー・ヴィントンは この曲をNashvilleで録音した。Barry Mann-Larry Kolberの作…

続きを読む

涙のサテン・ピロウ/ケアレス

「ロンリー・ガール」が大きなヒットとならなかったのを受けてエピック・レコードは次のシングルに"What color(Is a man)"という プロテスト・ソング調の作品をリリースします。 https://www.youtube.com/watch?v=B91-KJijiWo 最高位は全米38位を記録しますがやはり今一つ伸びませんでした。  1965年10月20日ボビー…

続きを読む