涙のサテン・ピロウ/ケアレス

「ロンリー・ガール」が大きなヒットとならなかったのを受けてエピック・レコードは次のシングルに"What color(Is a man)"という プロテスト・ソング調の作品をリリースします。 https://www.youtube.com/watch?v=B91-KJijiWo 最高位は全米38位を記録しますがやはり今一つ伸びませんでした。  1965年10月20日ボビー…

続きを読む

ポピュラーシンガーを目指して

1965年ボビー・ヴィントンはアルバム"Sings for lonely nights"の制作にはいりました。 "Have you ever been lonely"(淋しかったかしら)はGeorge Brown-Peter DeRoseの作品。Garry Shermanの編曲でボビーは 優美なヴォーカルを聞かせます。3月4日の録音。 https://www.youtube.com/w…

続きを読む

3人のロバート

ボビー・ヴィントン(スタンリー・ロバート・ヴィントン) 1962-1965年の間、好調を維持していたボビーだが1966年になると、やや人気が後退し、いろんな試みがなされた。当時ボビーのマネジャーを務めていたアラン・クラインは後にボビーの紹介で英国のAnimals, Rolling StonesなどをへてやがてはBeatlesとも関係をもち、グループを分断するようなやりてでもあった。…

続きを読む

Bobby sings No.1 hits again

今回は再び、チャートで第1位を記録した作品の特集です。 "Seasons in the sun"(そよ風のバラード)はRod McKuen-Jack Brelの作品。  Terry Jacks盤が1974年全米第1位を記録しました。Bobby Vintonの録音は  1973年。   https://www.youtube.com/watch?v=gEM_f0AMs…

続きを読む

Country boy

"Country boy"Bobby Vinton Epic LN24188/BN26188(1966) はボビー・ヴィントンの14枚目のオリジナルアルバム。    Side A:1 I'm just a country boy(Fred Brooks-Marshall Barer) 2 Living in a house full of love(…

続きを読む

"Satin pillows/Careless"

1965年10月20日Bobby VintonはNashvilleで"Satin pillows"と"Careless" を録音。熟考の上"Satin pillows"をA面にて11月12日シングルとしてリリース  した。  https://www.youtube.com/watch?v=gO1QsFVehDA  翌1966年にかけてヒットし最高位23位を記録。 のちに作…

続きを読む

Long lonely nights/L-O-N-E-L-Y

  50年前の1月の全米チャートのトップ10には依然「ミスター・ロンリー」が  ランクされロング・ヒットを記録していた。記録では日本でリリースされたのは  1月15日、こちらでもかなりのヒットを記録した。  1965年2月4日ボビー・ヴィントンは次のシングルとして"Long lonely nights" をNew Yorkで録音した。編曲はStan Applebaumが担当した。…

続きを読む

Christmas recordings, 2: A very merry christmas

Bobby Vintonの最初のクリスマス・アルバムは今から50年前の  1964年10月にリリースされた。    "A very merry christmas"Epic LN24122/BN26122 Side A: 1 :Christmas chopsticks(Heider) 2 Bell that couldn't …

続きを読む

My first and only love

Bobby Vintonの自作曲の特集、もう少し続けよう。  "Polka pose"は1975年"Wooden heart"のB面としてリリースされた自作曲。   https://www.youtube.com/watch?v=8zZJvIHlwwg "When you love"(愛する時)は1972年のシングル"But I do"(そよ風の恋)のB面として  …

続きを読む

Autumn memories

"Autumn memories"は1978年の秋、アメリカで発売された編集アルバム。 日本でも同年の11月に発売された。 ビルボード誌は編集盤にもかかわらず推薦盤とした。選曲のよさと企画がよかった。  Epic JE35605 Autumn memories/Bobby Vinton ボビー・ヴィントン Side A 1 Those were the days(悲しき天使)G…

続きを読む

Bobby Vinton's greatest hits(1964)

1964年6月2日ボビー・ヴィントンはNashvilleで"Clinging vine""Satin""Someone I used to know" の3曲を録音した。この内"Clinging vine"(君待つ心)を7月末にリリースし最高位17位を記録  した。(Record World誌 11位)    Earl Shuman-Leon Carr-Gary Laneの1…

続きを読む

"Tell me why" Original album series, 8

  1964年5月「ブルー・ハート」に次ぐシングル"Tell me why/Remembering"がリリースされた。 レコードは順調にチャートを上昇し最高位13位(Record World誌では8位)まで上昇した。  曲は1952年Four Aces, Eddie Fisherがヒットさせたやや古めかしいバラード。丁度50年  前の事だが、こういった作品をヒットさせることができた点に当…

続きを読む

Bobby Vinton Original Albums, 2:Sings the big ones

Bobby Vintonの歌手としての2枚目のアルバムは1962年の暮れに発売された   "Bobby Vinton sings the big ones" Epic LN 24035/BN 26035 曲目   Side 1: 1 Rain rain go away(涙の太陽)GloriaShane-Noel Regny …

続きを読む

So who is this Bobby Vinton? 19

 かくしてボビーは今日の音楽業界を構成する群衆たち1または2(あるいは3)位の場所で   頂点にたっている。完全に満足のゆく地位ではない。少しの運と才能があれば歌手は山の  頂上に登りつめることができる。だが彼がそこに到達すると模倣者たちが集まってくる。  群衆の多くを供給する十分なお金もある。また十分なチャートや調査もあり成功した歌手たちを  或る種のキングがそれ以外かに分割できる…

続きを読む

So who is this Bobby Vinton? 16

続きはもう十分、苦労のあと我々のヒーローは彼の最も豪華な夢を越えて一夜の成功を 楽しんでいます。   Elizabeth Taylorと結婚もせずに、黄金のキャデラックに幸福そうに乗り回している。   私はボビーにかかわる未知のことをMorganにきいてみた。彼の回答は率直で簡潔だった。   「Elvis Presleyにはパーカー大佐がいる。トム・パーカーはElvisを伝…

続きを読む

So who is this Bobby Vinton? 14

別のボビーの定期的にたちよる場所はEpic Recordsでボビーはカバーアート 部門にたちより「僕は尋ねられたけど自分ではわからない。」そこで担当に 私は尋ねた。「ボビーの髪の色はどうしていろいろ変わるんだい?」 「印刷のせいです。」という答えだった。  2階に行くとEpicのProducerの重鎮Bob Morgan(28歳)に手厚く迎えられた。 Morganがボ…

続きを読む