"Greatest hits live"

梅雨期から暑い夏へと季節も移り変わりをみせつつあります。今回は"Nashville series"をパスして最近、発掘した映像を中心に お送りします。  その前に、お知らせしておかねばならない事が二つ程あります。ボビーは4年前の夏に、ツアーを休止しましたが、 その原因が「帯状疱瘡」であったらしいということです。80を越してからのこの病気は肉体にこたえるようです。  また2008年に…

続きを読む

Bobby Vinton in Las Vegas(1981)

ボビー・ヴィントンがラスベガスのステージにたったのは1969年のSahara Hotelが最初で,以降,好評をえて,大半のホテルに出演。特にTVショウが開始された1975年~1979年頃が最盛期とされていますが,'80年代,自身の劇場がオープンした1993年以降も,2015年ごろまで毎年のようにショウルームでファンを魅了していました。1979年自身のレーベル「タペストリー」をたちあげレコ…

続きを読む

The Bobby Vinton Show

     Bobby & Loretta Swit "The Bobby Vinton Show"は「愛のメロディー」(1974)の大ヒットでエンターテイナーとして再注目されたボビー・ヴィントンのWeekly variety showでカナダのトロントのTVスタジオで制作され、当時"Total entertainer" "Prince of entertainment"と呼ばれた…

続きを読む

Let the heartaches begin

新しい年にはいりました。依然、ボビーの病状などについての情報は公表  されていません。ただ、昨年末のHoliday Seasonには孫たちや子供たちも  集まり、一緒にフロリダで過ごしたという情報のみあります。  今回は欧州でヒットしてボビーが取り上げアメリカの音楽ファンにボビー  が紹介した作品をとりあげます。 "Everyone's gone to the …

続きを読む

Warm and tender

秋も深まり冬の気配もうかがわれる陽気になってきた。   今回はBobby VintonのSongwriterとしての側面に注目しいくつか彼の  作品に耳を傾けてみよう。"Mr. lonely""L-O-N-E-L-Y""Coming home soldeir" ”My melody of love"(愛のメロディー)"Adios Amigo"の5作品はBMI awardsを受賞…

続きを読む

 新着映像

  Blogの更新は久しぶり。Bobby Vintonはまもなく79歳になるのに今年も   Tourで全米をまわるようだ。     March 16, 2014 Kupferberg Center for the Arts Flushing, NY 718.423.8394   March 22, 2014 Wild Horse Pass Hotel & Casino, Cha…

続きを読む

愛の歌は永遠に

       約3年間この"Blog on Bobby Vinton"をお送りしてきましたが、今後は不定期に    新譜情報、ステージ活動などをお知らせすることとし従来の毎週2回ほどお届け    するのは今回までです。        "Crying"です。                    http://www.youtube.com/watch?v=209BkU7nh9M    …

続きを読む

Bobby Vinton as songwriter

米国では音楽著作権は主にBMIとASCAPによって管理されている。ボビーは自身の音楽出版社   Feather Musicを持ち、BMI(Broadcasting Music Inc.)に所属している。   現在、74曲のボビーの作品が登録されているが、"Christie"とKristie”は同じ作品であり   ”All my life”と"Where were you …

続きを読む

So who is this Bobby Vinton ? 8

  1週間後、約束をしてはじめてマンハッタンでボビーにあった。  ボビーのショウを気に入ったことを告げると(それはすぐに特徴的に私に起こった)   もし僕のショウを見なければ「僕に何ができるかわからないだろう。」   「僕は観客のまえで成長してきた。自分の声、楽器演奏を観客を見聞きしている。   TVや映画では両手の動きをみて歌っている。   ステージを離れ私はボビーを…

続きを読む

Bobby Vinton live & interview

    今回は最近のコンサートとラジオ局でのインタビューを紹介しよう。 Aqua Turf Clubでの公演(2010年8月12日)コネティカット州のコンサート会場。    Aqua Turf Club   ”Mr.lonely"です。 http://www.youtube.com/watch?v=Uo2T0876ey0 "Fri…

続きを読む

Blue velvet cruise

Bobby Vintonはここ数年Jimmy Sturr and his orch.とくんでSea Cruise を行い2009年、2011年とともに大成功させている。料金は最低でも   $800と安くはないがポルカを得意とするJimmy SturrのOrch.の力量   にも助けられその実力を発揮している。バンドには長男のRobby Vinton …

続きを読む

"Melodies of love/Heart of hearts"

Bobby VintonのCDが久々にリリースされた。といっても実際には  2008年に発売されていたらしい。Copyrightは2008 Polygramと  なっておりabc Recordsのロゴマークもついている。東欧でも人気の高い  ボビー。EUとありおそらく、Estoniaあたりでの発売と思われる。     アメリカのabcでのアルバムの第1作と2作の2…

続きを読む

Signature song: Blue velvet

1993年に米で出版された"Facts behind the songs"Editor: Marvin E. Paymer には第15章が”Mainstream singers and their signature songs"となっており  歌手とそのテーマ・ソングが掲載されている。  Louis Armstrongの"All of me"(1931)Hello D…

続きを読む

Mr.lonely/Coming home soldier

   今回はBobby Vintonの12月のヒット曲を1962年から追って見よう。   1962年の12月8日付では65位に"Let's kiss and make up"(キッスでがっちり)  第76位に初登場で"Trouble is my middle name"(僕はトラブルメイカー)    「僕はトラブルメイカー」は最終的には全米第33位を記録します。 https:/…

続きを読む

Bobby and personality: Dick Clark, Ray Otis.....

以前にもご紹介したが、ボビーはラジオ番組にもゲストとして多数  出演しており、今回はそのなかから5番組をピックアップしよう。  番組ではボビーのトークとレコ―ド(CD)が使用しながらボビーの貴重  な裏話が聞ける。   William B. WilliamsはNew YorkのDJでFrank Sinatraとも親交があった。  大人向きのポピュラー番組で人気をつかんだが(…

続きを読む

Memory of July, 1987: Bobby's first tour in Japan

 今朝は「金環日食」でニュースは持ちきり、日本は平和だ。   あまり悲観的なことは書きたくないが想像を絶する大地震がこの   21世紀中には日本をおそってくる確率が高い。犠牲者が最小限   にとどまることを祈るばかり。こんなことばかり考えていても進歩は   ないので、生きている間に吸収できることは毎日少しでも身につけて   いきたい。    さて今回はボビー・ヴィントン…

続きを読む

異名同曲集: Now I Know

今日も朝から雨、せっかくの黄金週間も、現在の日本を憂いている人たちが    天で涙を流しているのかもしれない。一日もはやくスーパーマンが登場し    日本の悲惨な現状を救い、国政を正常化し前進させてほしい。    http://www.youtube.com/watch?v=lYFL-t_Nyew  "Now I know"はドイツのバンドリーダーJames La…

続きを読む

Bobby Vinton songbook: ”Blue on blue"

はやいものでブログを開設し2年になりました。熟慮のすえ、4月からしばらく  定期的なアップを断念し、不定期に発表させていただくこととします。   理由は、歌手生活50周年を迎えるボビー・ヴィントンに対するレコード業界  の低評価、ブログへのアクセス数の減少、音源が追加されないため記事が  同じことをくりかえしになっていまっていることです。   さて今回はリバイバル・ヒットの…

続きを読む

Live 名唱集: Crying

アメリカのファンに聞くと必ず「ボビー・ヴィントンはライブが1番」という返答がきます。  今回はスタジオを離れてLiveで録音された音源から、傑出した名演を  お届けしましょう。  "Because of you"はArthur Hammerstein-Dudley Wilkinsonの1940年  の作品。Tony Bennett盤が1951年チャートのTOPにたっていま…

続きを読む

Bobby Vinton live: Songs from my heart

 ボビー・ヴィントンがミズーリ州の田舎町Bransonに自身の  "Blue velvet theater"をオープンしたのは、1993年の秋   2002年の秋に売却するまでここを本拠にステージ活動  を続けた。   <ボビーの劇場はその後"Branson variety theater"と名称が変更され  主にアイルランドのダンスチーム"Sprit of dance"が公…

続きを読む

Can I trust you: Am I losing you

今回は英語を除いた原語で発表され後に英詩がつけられてヒットした  作品の特集。  "Lo ti daro di piu"はボビー・ヴィントンも参加した第16回  サンレモ音楽祭の入賞曲。Ornella Vanoniがステージで歌いました。    http://www.youtube.com/watch?v=6BQ6uz1FcTo  英国のBachelors盤は1966年"Can…

続きを読む

My song: My song of love

今回 タイトルにmyのつく作品の特集。  "My song"はJanssen-Hartの作品。  1975年のAlbum"Heart of hearts"に収録。    http://www.youtube.com/watch?v=WViTAI0Cr10  ”My first & only love"はボビーの自作。Album”Encore"(1979)に収録。    …

続きを読む

Bobby Vinton on Curb Records: Letter to a soldier

Tapestry Recordsでパットした成績を残せなかったボビー・ヴィントンに 救いの手を差しのべたのはCurb Reocrdsの創立者Mike Curbでした。  ボビーはこのレーベルには1988年から1992年まで在籍し8枚のシングルと 6枚のAlbumをリリースしています。今回はCurb Recordsに残した音源を紹介しましょう。 "I believe I'm in …

続きを読む

Bobby Vinton in the '70s, 3: Party Music

このCDは1991年Curb Recordsから発売され現在でも多くの音楽ファンに 親しまれているPolkaのCDです。残念ながら日本では発売されていませんが ボビー・ヴィントンという歌手を知るうえでは不可欠なCDです。   1976年にカナダのAhed MusicからリリースされたこのLPがベースになって います。このころボビーはABCと契約していましたがこうした内容の作品…

続きを読む

Bobby Vinton in the '70s, 2: My melody of love

Epicを退社した失意のボビー。それまでボビーに関わっていた人たちも  手の裏を返したようにボビーから遠ざかり、Las VegasのHeadliner showの  契約も打ち切られてしまいます。   そんな中、ボビーは母親から「ポーラン系アメリカ人のために曲を書きなさい。」  と促され、”Herzen haben keine Fenster ("Hearts have no …

続きを読む

United we stand: 二人だけの世界

     これまで何度もご紹介した"The Bobby Vinton Show"は1975年9月から  放送開始された30分のvariety show 同名のタイトルのLPも当時発売  されたが、1部の曲を除きCD化はされていない。またこのLPはショウの  Live albumではなくスタジオで録音されている。主にFirst Seasonの放送分から  評判のよかった作品で構成されてい…

続きを読む

Encore!!: Bobby Vinton live

今回はボビー・ヴィントンのライブ映像の続編です。  まず、1981年のLas Vegas, Sands Hotelでのショウから  openingのMCに続いてボビーが登場し"On the road again". http://www.youtube.com/watch?v=yxE3O7PwZkM そして客席におりて"Makin' whoopie"などを歌います…

続きを読む

Vinton sings Vinton: 自作自演集

  ボビー・ヴィントンは歌手であると同時にsongwriterとしても  優れた才能をもっている。1971年には自作曲を9曲収録した  Album"Vinton sings Vinton"がリリースされたこともある。  今回はボビー自身のペンになる作品の特集。   "Her name is love"(愛の綴り)はAlbum"Name is love"に収録されていた作品。  …

続きを読む

ボビーとピンクレディ: From various shows

今回はこれまでの映像紹介でもれていたものをいくつか紹介  します。  まず"15th Juke Box Award"(1979)の映像です。  ここではボビーのヒット・メドレーが聴かれます。  http://www.youtube.com/watch?v=ziXw24n3ZXA  http://www.youtube.com/watch?v=V3aS1D7O8YI     …

続きを読む

My melody of love: ボビーのインターナショナル・ヒット

  ポーランド系アメリカ人であるボビー・ヴィントンはポルカを得意  としているのと同時にヨーロッパ、ラテン系のヒット作品にも目を  くばり英詩に置き換え英語圏の音楽ファンにも紹介してきている。 ”Lo ti daro di piu”(生命をかけて)は1966年ボビーも参加したサンレモ  音楽祭でOrnella Vanoniが歌いイタリアで大ヒット。ボビー自身も イタリア語でも…

続きを読む