ミスター・ロンリー/ブルー・ベルベット

日本でのボビー・ヴィントンの大ヒットは「ミスター・ロンリー」「ブルー・ベルベット」の2曲であることに異論を となえる人はいないでしょう。 今回はこの2曲を中心にした2枚のアルバムを中心に紹介します。 アルバム「ミスター・ロンリー」は1964年暮れアメリカで急遽発売されアルバム・チャートで18位まで上昇しました。 タイトル曲を除き1964年6月から11月にかけて録音されました。A面…

続きを読む

テル・ミー・ホワイ/君待つ心

 1964年ボビー・ヴィントンはビートルズをはじめとする英国勢が続々チャートにヒットを送り込む中でも 依然、好調な活躍を続け「ブルー・ハート」"My heart belongs to only you"(全米9位)"Tell me why"(全米13位)とヒットを放ち アルバム"Tell me why"は7月に発売され最高位31位を記録した。編曲・指揮は前作に続きStan Appleba…

続きを読む

再録音に注目!!

今回は日本であまり知られていない往年の作品の再録音を中心にお届けします。 "Roses are red"(涙の紅バラ)は1962年のデビュー・ナンバーワン・ヒット。1990年Curb Recordsで再録音しています。制作はBob Gaudio. 映画「グッドフェローズ」(1990)でボビー・ヴィントン役で出演した長男のRobby Vintonがコパカバーナのシーンで歌ったが、 これ…

続きを読む

"Don't go away mad"

デビュー当時からバラードを得意としていたボビー・ヴィントンでしたが実はロック調の作品もリリースしていたのを ご存じでしょうか?セミ・アップ・テンポ、ロック調、ソフト・ロック調などボビーのいろいろな側面を示した 作品を紹介します。 ”Don't go away mad"はNeil Diamondの作品。英国での人気がいまいち伸びなかったボビーがロンドンで録音しプロモートのため イギリ…

続きを読む

"Greatest hits live"

梅雨期から暑い夏へと季節も移り変わりをみせつつあります。今回は"Nashville series"をパスして最近、発掘した映像を中心に お送りします。  その前に、お知らせしておかねばならない事が二つ程あります。ボビーは4年前の夏に、ツアーを休止しましたが、 その原因が「帯状疱瘡」であったらしいということです。80を越してからのこの病気は肉体にこたえるようです。  また2008年に…

続きを読む

想い出のサンレモ

1966年はボビー・ヴィントンにとってそのキャリアの転換となる年であった。 1月7日"Tears"(想い出の涙)と"Country Boy"を録音し前者のシングル発売を決め後者はアルバム・トラックに残した。    曲は前年イギリスでKen Dodd盤が大ヒットしたもののアメリカではあたらずボビーがチャールズ・カレロの編曲で録音し,抒情性あふれるいい歌唱を聞かせているが最高位は59位どま…

続きを読む

The Bobby Vinton Show

     Bobby & Loretta Swit "The Bobby Vinton Show"は「愛のメロディー」(1974)の大ヒットでエンターテイナーとして再注目されたボビー・ヴィントンのWeekly variety showでカナダのトロントのTVスタジオで制作され、当時"Total entertainer" "Prince of entertainment"と呼ばれた…

続きを読む

Christmas tree

 ボビーの健康状態が心配される今、新しい情報は、はいってきません。  ツアーも再開されていません。特にアメリカや日本では彼の映像や音楽  をYou Tubeで懐かしむファンも増えています。アメリカではクリスマス・シー  ズンにはいり今年も数多くのクリスマスアルバムの復刻がすすんでいます。   昨年、リリースされた”A very merry christmas: the complete…

続きを読む

What happened to Bobby Vinton?

Joan Alexandra Molinsky (June 8, 1933 – September 4, 2014)は Joan Riversという芸名でアメリカでコメディアン、女優、司会者などで活躍。 1970年代から'80年代にかけてLas Vegas, Atlantic City, Lake Tahoeなど のコンサート会場で ボビーの前座として登場し、2012…

続きを読む

Well I ask ya

このところ著作権切れに伴う1962年頃のアルバムの再発の続く欧州で  またBobby VintonのCDがリリースされた。   Roses are red/Bobby Vinton Jasmine JASCD 295(2014-11) 1. WELL I ASK YA(Worth)Epic 5-9469(1961) 2. HIP-SWINGING, HIGH…

続きを読む

 ミスター・ロンリー "Mr.lonely"

"Mr.lonely"はBobby Vinton-Gene Allanの作品。     1962年2月16日ボビー・ヴィントンは「涙の紅バラ」などととも  にNew Yorkで録音した。  「涙の紅バラ」が大ヒットするとボビーは、次のシングルに「ミスターロンリー」を  希望したが会社側は納得せず同社のBuddy Grecoに録音させた。  秋には全米64位まで上昇した。 …

続きを読む

Warm and tender

秋も深まり冬の気配もうかがわれる陽気になってきた。   今回はBobby VintonのSongwriterとしての側面に注目しいくつか彼の  作品に耳を傾けてみよう。"Mr. lonely""L-O-N-E-L-Y""Coming home soldeir" ”My melody of love"(愛のメロディー)"Adios Amigo"の5作品はBMI awardsを受賞…

続きを読む

Mr. lonely: Original album series 10

   Bobby Vintonの「ミスター・ロンリー」がシングルとして発売されたのは1964年10月16日。   丁度50年前の事。10月31日からチャート・インし12月には全米第1位を記録した。       Epic 5-9730"Mr.lonely/it's better to have loved & lost"でB面は自作曲で1964年    9月24日に録音されシングル・バ…

続きを読む

Most programming artist

1964年6月2日”Clinging vine""Satin""Someone I used to know"をNashvilleで    録音する。7月下旬"Clinging vine/Imagination is a magic dream"をシングル    として発売。「君待つ心」という邦題のA面は全米17位を記録。日本でもヒット    した。Epicはこの時点で"Bobby Vi…

続きを読む

Bobby Vinton live & interview

    今回は最近のコンサートとラジオ局でのインタビューを紹介しよう。 Aqua Turf Clubでの公演(2010年8月12日)コネティカット州のコンサート会場。    Aqua Turf Club   ”Mr.lonely"です。 http://www.youtube.com/watch?v=Uo2T0876ey0 "Fri…

続きを読む

Blue velvet cruise、2

      過去2度催行されたこのクルーズ今回は主に2009年のショウが       紹介されています。       OrchestraはJimmySturr Orch.です。         まずJimmy Sturr and his orch.の演奏です。 http://www.youtube.com/watch?v=o-dBwB19rj0&list=UUbhem8NR…

続きを読む

Blue velvet cruise

Bobby Vintonはここ数年Jimmy Sturr and his orch.とくんでSea Cruise を行い2009年、2011年とともに大成功させている。料金は最低でも   $800と安くはないがポルカを得意とするJimmy SturrのOrch.の力量   にも助けられその実力を発揮している。バンドには長男のRobby Vinton …

続きを読む

Only the lonely

今回は"lonely"(淋しさ)の特集。 "Alone again"はGilbert O'Sullivanの自作自演で1972年全米第1位を記録。          http://www.youtube.com/watch?v=D_P-v1BVQn8 "Lonely boy"はPaul Ankaの自作自演で1959年全米第1位を記録。         h…

続きを読む

Shindig/Hulabaloo

     Bobby Vintonは1960年代前半、それほどTVには出演しなかった。      "Shindig"は1964年9月16日ー1966年1月8日の間   ABCで放映された30分番組。HostはJimmy O'Neil。   ボビーは1964年12月2日出演し、"Mr.lonely""Roses are red" を歌った。      http://www.y…

続きを読む

Laughing on the outside: ballads for the lost love

4月16日でボビー・ヴィントンは77歳。過去の例をみると個人差はあるが   80歳を過ぎるといろんな面に衰えがでてくる。Steve Lawrence, Johnny Mathis も今年、ボビーと同年となる。Tony Bennettは85歳でも現役で活躍しグラミー   賞も獲得したがこれは特例。ただTonyにしても発声がくるしそうに感じる。    さて今回はボビー…

続きを読む

Bobby Vinton songbook: ”Blue on blue"

はやいものでブログを開設し2年になりました。熟慮のすえ、4月からしばらく  定期的なアップを断念し、不定期に発表させていただくこととします。   理由は、歌手生活50周年を迎えるボビー・ヴィントンに対するレコード業界  の低評価、ブログへのアクセス数の減少、音源が追加されないため記事が  同じことをくりかえしになっていまっていることです。   さて今回はリバイバル・ヒットの…

続きを読む

50 years ago: Memorable recording session

 1962年2月16日、今から50年前の出来事。  CBSの録音スタジオでボビーは4曲を録音する。     DJ Dick Lawrenceの紹介で1960年Epic Recordsと契約した  ボビー・ヴィントンの最後の賭けとなる録音だった。   2枚のLP、3枚のシングルはいずれも不発、EpicのStaffはボビー  との契約破棄を実行しようとしたが契約書の中身を吟味…

続きを読む

Dec. 12, 1964: Mr. lonely at No. 1

 1964年12月12日付Billoboard HOT100を見てみよう。  第90位にSirley Ellis"Name Game"が初登場。       http://www.youtube.com/watch?v=5MJLi5_dyn0 初登場最高位は70位Dean Martinの"You're nobody till somebody  loves you" …

続きを読む

ボビーのオリジナル・ヒット

  ボビー・ヴィントンのヒット曲は自作曲やその他の数曲を除くと  圧倒的にリヴァイヴァル・ヒットが多い。今回は逆にボビーのヒットを他の  アーティストが取り上げた例を紹介しよう。  「涙の紅バラ」はボビー自身がドイツ語でも録音したが、 Caterina Valenteがとりあげチャートにはいった。"Rosen sind rot"がドイツ語のタイトル。  英国ではRonnie Carrol…

続きを読む

想い出のレコーディング・セッション

  1961年秋"Hip-Swinging, high stepping drum Majorette/Well I ask ya" (Epic 5-9469)を発売したボビー、制作にBob Morganが加わった。A面はLarry Kusik-John Gluck,Jr のコンビの作品。どう聴いてもボビー向きの作品とは思えない。B面はベルギーででたCD"Mr.lonely: …

続きを読む

4人のボビー: The 4 Bobbys

このLPは1990年Australiaでリリースされたレコードで”The 4 BOBBYS; Their greatest hits" JEB Records JB411 Side 1: Rubber ball/Take good care of my baby/How many tears/Run to him/Beautiful people by Bo…

続きを読む

同名異曲アラカルト

 "Love"というタイトルの曲にはJohn Lennonの作品もあれば  Nat King Coleのヒット"L-O-V-E"などまだスタンダードナンバーの  "Love"もあるといった具合に同じ題名で別の作品はいろいろあります。  "Mister lonely"はVidelsの1960年のヒットで73位を記録。  メンバーのVini Poncia-Peter Andreoliの作品。…

続きを読む

再録音アラカルト

 今回は、ボビー・ヴィントンが2度以上録音した作品の特集。  まずは「涙の紅バラ」から上記のCDの同曲は映画「グッドフェローズ」('90)用の録音。   Bob Gaudioの制作でオリジナルとはまったく異なるアレンジでボビーの歌はやや張りを欠いては いるがまずまずの仕上がり。日本ではCurb COCY83231('99)で紹介されたがすでに廃盤。   B面の自作曲"Over &…

続きを読む

別テイクアラカルト

 まず部分的な差し替えから。「ミスター・ロンリー」の冒頭の"Lonely, アイムミスターロンリ-、、、”    カタカナの部分がこの輸入盤CD、日本盤紙ジャケット  仕様のCDとも、これまで発売されていた"Mr.lonely"とは微妙にことなる。   A面の「ビア樽ポルカ」も輸入盤CD”Greatest polka hits of all time" 最初のほうの”Lots of…

続きを読む

日本編集盤 4: Mr.lonely/Mr.blue

1965年6月発売のこのLPは”Mr.lonely"に日本で独自にシングル発売された「ミスター・   ブルー」の2曲をメインにした編集作品。  ジャケット写真が珍しく米盤にも登場したことがない。解説は菅沼孝夫氏。  PS 1202-E「ミスター・ロンリー/ミスター・ブルー」  1 Mr.lonely 2 Mr.blue 3 Lavender blue 4 Sentimental m…

続きを読む