Winter love

今回はこの時期にふさわしい作品の特集。  "Ob-Ladi, Ob-Lada"はLennon-McCartneyの作品。録音は1976年。  https://www.youtube.com/watch?v=OeuVBpxGL8c "Deck the halls"は1987年の録音。  https://www.youtube.com/watch?v=iVXGO76rxmQ…

続きを読む

Feb. 15, 1964のBillboard HOT 100から

    1964年2月15日付のチャートからいくつかお届けしよう。    この週のTOP10は   1 I want to hold your hand/Beatles   2 You don't own me/Lesley Gore   3 She loves you/Beatles ★   4 Hey little Cobra/Rip Chords 5 UM, UM…

続きを読む

Bobby in U.K.: Hey Jude

今回は英国出身のアーティストの作品、ヒット曲の特集。   ボビー・ヴィントンは英国では評価が低くチャートイン   したヒットは"Roses are red"(1962)"There!I've said it again"(1964) "Blue velvet"(1990)"Roses are red"(1991)の3作品のみ。   「ブルーベルベット」TVのCMで使われ全…

続きを読む

Spring sensations: Till

このところ地震に加え、豪雨、竜巻などアメリカ並の気象現象、それに政治家たち  の怠慢が続き、国民はいらいら続き、梅雨期前のいい時期なので穏やかな天候を望みたい。   1978年から79年にかけて古巣Epicはボビー・ヴィントンの編集盤をたて続けに  発売した。日本で発売されたのは最初の"Autumn memories"だけであった、  「悲しき天使」「二人の青い鳥」「ミスタ…

続きを読む

Kids are people too:Girls grew up faster than boys

  5月5日は日本では「こどもの日」で祝日に制定されている。子供の頃の思い出は  誰にでもあり、結婚した男女は普通なら子供をもうけて子供に生きがいを見出して  生涯を送る親も多い。最近は社会に女性が進出し、子供の数が年々減少してきている。  女性が職業を持つことに反対はしないが、相手を見つけて子供をさずかったら育児だけは  女性が中心になってやってもらいたい。保育所に子供を預けてその…

続きを読む

Please Mr. please: Please stay

  "Please"という言葉には「どうぞ」「喜ばせる」などの意味が  ある。今回は"Please"で始まる作品の特集。  ”Please Mr postman"はCarpenters盤が1975年全米第1位を  記録。  http://www.youtube.com/watch?v=AHfddvbKb4w  ”Please stay"はDrifters盤が1961年全米第…

続きを読む

Nice to be with you: So nice

"Nice"とは、ここちよい、すてきといった意味につかわれる  場合が多い。別の意味もあるが今回は今年の日本再生を  願い、”nice"をタイトルに持つ作品の特集。  ”Nice to be with you"は1972年Gallery盤が全米第4位を記録。    http://www.youtube.com/watch?v=0cFm2a5vykc  ”Nice to …

続きを読む

Goodbye to love: Hello Goodbye

人生には出会いと別れはつきもの。今回は"goodbye"をテーマにした  作品の特集。   Beatlesの"Hello goodbye"は1967年全米第1位を記録。    http://www.youtube.com/watch?v=HBZ8ulc5NTg  Mary Hopkinの"Goodbye"は1969年全米第13位を記録。  http://www.you…

続きを読む

同名異曲集、2: P.S. I love you

P.S.とはPost Script(追伸)の略。  Lennon-McCartneyによるBeatles盤”PS. I love you"は1964年全米  第10位を記録。    http://www.youtube.com/watch?v=p41xLRmEPoY  Johnny Mercer-Gordon Jenkinsの1934年の作品"P.S. I love y…

続きを読む

同名異曲集: For all we know

"For all we know"はSam Lewis-J. Fred Cootsの1934年の作品。   ボビー・ヴィントンはこの作品を1969年に録音。     http://www.videohippy.com/video/52250/  Carpentersの"For all we know"(二人の誓い)はArtyhur James-Robb Wilson-Fre…

続きを読む

Dec. 12, 1964: Mr. lonely at No. 1

 1964年12月12日付Billoboard HOT100を見てみよう。  第90位にSirley Ellis"Name Game"が初登場。       http://www.youtube.com/watch?v=5MJLi5_dyn0 初登場最高位は70位Dean Martinの"You're nobody till somebody  loves you" …

続きを読む

100 memories: ボビーの選んだ20世紀の名曲、5

このシリーズも5回目。今回が最終です。    このAlbumも先日紹介した"Party music"と同じカナダのAhed Musicから1979年  2枚組でリリースされカナダではベストセラーを記録。アメリカでは1部がCD化され  全曲発売されていない。ボビー・ヴィントンのヴォーカルは好調でバックの演奏が  シンプルすぎるのが唯一の難点であろう。  "Sweet Carol…

続きを読む

Lady is a tramp

英語では女性を表現する単語としてgirl, female, lady, woman などがあります。"Ladies and gentlemen"という使い方で用いられる Ladyに関する曲の特集です。 "She's lady"はPaul Ankaの作品。Tom Jones盤が1971年全米第2位を記録。 http://www.youtube.com/watch?v=zGs…

続きを読む

Clinging vine: 君待つ心

 1964年9月19日付BillboardHOT100から紹介しよう。   1 House of the rising sun/Animals 2 Bread & butter/Newbeats 3 Where did our love go/Supremes 4 Oh pretty woman/Roy Orbison 5 G.T.O./Ronny & …

続きを読む

Another sleepless night:Goodnight

毎日の生活で睡眠は不可欠です。年齢とともに早起きになる傾向がありますが  8時間位は毎日熟睡したいものです。今回は「睡眠」をテーマにした作品の  特集。   "Don't sleep in the subway"(天使のささやき)はPetula Clark盤が  1967年全米第5位を記録。 http://www.youtube.com/watch?v=8Jda2…

続きを読む

Run to me: Runaway

 最近あまり「ジョギング」という言葉を聞かなくなりましたが適度の運動も健康の維持  には不可欠です・今回は"Run"をテーマにした作品の特集。 "Runaway"(悲しき街角)はDel Shannon盤が1961年全米第1位を記録。  http://www.youtube.com/watch?v=8TLLcvWeiKw "Run to me"はBee Gees盤が1972…

続きを読む

夢見る港:Sailor boy

 この時期、「みなと祭り」が開催される地域が多い。今回は港にちなんだ  作品の特集。 "Temma Harbor"(夢見る港)はMary Hopkin盤が1970年全米第39位を  記録。 http://www.youtube.com/watch?v=0-5IpNAVJIU "Harbor lights"(港の灯)はPlatters盤が1960年全米第8位を記録。 …

続きを読む

太陽に歌って:We'll sing in the sunshine

 暑い日が続く毎日、今回は「太陽」をテーマにした作品の特集。 "My love is warmer than sunshine"はTony Hatchの作品。  Petula Clark盤が1966年全米第1位を記録。 http://www.youtube.com/watch?v=nKmCpL0CmTY  "Keep searchin'(太陽を探せ)はDel Shannon盤が…

続きを読む

Like I do: レモンのキッス

  今回は「飲み物」「食べ物」を主題にした作品の特集。 "Like I do"(レモンのキッス)はNancy Sinatra盤が日本独自に1962年に  大ヒットを記録。   http://www.youtube.com/watch?v=ulpwEwBIwQA "Lemon tree"はPeter Paul & Mary盤が1962年全米第35位を記録。 …

続きを読む

Tell me why: British Invasion & Black Artists

1964年6月27日付のBillboard誌HOT100をみてみよう。  TOP5は  1 World without love(愛なき世界)Peter & Gordon 2 I get around/Beach Boys 3 Chapel of love(愛のチャペル)/Dixie Cups 4 My boy Lollipop/Millie Small …

続きを読む

L-O-N-E-L-Y: ロンリー

 1965年Billboard HOT100の6月12日のチャートを見ていこう。  Top 5 1 Back in my arms again/Supremes 2 Wooly Bully/Sam the Sham and the Phraos 3 Crying in the chapel/Elvis Presley 4 I can't help myself/…

続きを読む

Everybody's talkin': うわさの男

  被災地の復興が前に進まない。閣僚増員について、ばか+ばか+  ばか=ばか、といった政治家がいたが評論家でもあるまいしそういう前に自身で  行動をおこしてほしい。たいした成果はなかったと官邸からのメッセージがでた以上、  今後の動向はリーダーの頑固な性格にもあるといえるし、被災地を見据えた  議員たちの良識ある行動を願うばかりである。   「うわさの男」"Everyb…

続きを読む

イパネマの娘: ペニーレイン

   地名をタイトルとした作品はアメリカに限らず世界各国に及んでいる   今回、紹介できなかった作品も数多い。またの機会に譲りたいと   考え2回で「一定のめど」としたい。   「イパネマの娘」"Girl fron Ipanema"はStan Getz with Astrad Gilberto盤が   1964年全米第5位を記録。 http://www.youtube.…

続きを読む

嘘は罪

今回は"Fool""Lie"など世間を騒がせている言葉をテーマにして  お送りします。  「恋はのりおくれ」”A Fool never learns”はAndy Williams盤が  1964年全米第13位を記録。    http://www.youtube.com/watch?v=zNIP4bgtPw4 ”Fool #”!はBrenda Lee盤が1961…

続きを読む

Once more with feelin': 被災地に心をこめて

もう政治家にはあきれてものも言えない。被災地には政治の声は届かないであろう。 地元、民間の善意に期待するしかない。   「いつも青空」 "I could easily fall"はCliff Richardの1964年の      全英ヒット。最高位第9位を記録。日本ではSheila盤と競作と…

続きを読む

As time goes by: 被災地へのメッセージ

 政界再編の予感がする。政府与党の分裂は加速し野党との連立  もありえない事態ではない。被災地ではそれどころではないのだが  政治家にはこうした時期に党利党略に走ればどうなるか先を考えて  行動してほしい。避難生活をおくる人たちの目にどう映っているの  だろう?  "Come together"はBeatles盤が1969年全米第1位を記録。 h…

続きを読む

ショウほど素敵な商売はない

世の中にはいろんな職業があります。今回は仕事をテーマにした  作品の特集です。 "Please Mr.Postman"はCarpenters盤が1975年  全米第1位を記録。 http://www.youtube.com/watch?v=AHfddvbKb4w "Work song"はHerb Alpert & the Tijuna Brass盤が 1…

続きを読む

Cry: Crying time

  ポピュラー音楽の世界では歌のテーマはおおむね  男女の恋愛となっている。中でも多いのが失恋の歌。  人間には喜怒哀楽があるが、恋が破綻すると涙を流すケースが多い。  今回は「泣く」"Cry"をテーマにした曲の特集。  "Cry"は1951年Johnny Ray盤が全米第1位を記録した。    http://www.youtube.com/watch?v=lrV1…

続きを読む

Wonderful world: Top of the world

  G8も終わり世界の関心は日本の福島原発事故に集まって  いる。日本での政局も波乱含み政界再編はあるのか?  注視していかねばならない。   今回は「世界」"World"をテーマにした作品の特集です。   "Top of the world"はCarpenters盤が1973年全米第1位を記録。    http://www.youtube.com/wat…

続きを読む

what color(is a man): Color song集

   Red, yeloow ,pink, green, purple, orange. blue, red, whiteなど   色は我々の生活に彩りをあたえてくれる。    ポピュラー音楽の世界でも色をテーマにした作品は多数ある。   今回はgreen(緑)yellow(黄)red(赤)をタイトルに持つ作品の特集。    "Green green"はNew Christy …

続きを読む