"Surf Party" and other movie memories

今回はボビーが出演または彼の録音作品が使用された映画の特集。    「サーフ・パーティ」は1964年の作品。ボビーの他に、Jackie De Shannon, Patricia Morrow, Kenny Millerなどが出演していますが日本では未公開。  Astronautsの演奏する映画のテーマ曲のみ日本でも注目され、サントラ盤  も発売されました。   契約の関…

続きを読む

秘蔵映像

今回はBobby Vintonの珍しい映像のいくつかを紹介します。       "Mr. lonely"(1968) https://www.youtube.com/watch?v=YCuDKgOliO0 ”Blue velvet"From the Bobby Vinton Show(1977?)second seasonと思われます。      …

続きを読む

Bobby Vinton Original Albums, 1: Roses are red

       今回から、しばらくボビーのオリジナル・アルバムを発売順に紹介していきます。    第1回はアメリカで1962年7月に発売された"Roses are red"(涙の紅バラ)    です。 レコード番号はEpic BN26020(stereo)/LN24020(mono)でカナダ、英国、オーストラリア    その他世界各国で発売されベストセラーを記録した。日本では…

続きを読む

Bobby Vinton download chart

     ここ最近はCDを購入せずdownloadで入手する音楽ファンも多い。   さて今回はアルバムを除いてシングル作品で上位にある曲を   紹介しよう。最近6ヶ月の集計。。 1 Blue velvet   2 Mr.lonely 3 P.S. I love you  この曲はTV映画”Madmen"に使用された。        http://…

続きを読む

Ultimate Epic singles collection/Bobby Vinton

まもなくこの2枚組CD”Ultimate Epic singles collection"がドイツのSPV(yellow label) から発売されます。全40曲いりで"For he's a jolly good fellow""Red roses for Mom" "Why don't they under…

続きを読む

Bobby Vinton as songwriter

米国では音楽著作権は主にBMIとASCAPによって管理されている。ボビーは自身の音楽出版社   Feather Musicを持ち、BMI(Broadcasting Music Inc.)に所属している。   現在、74曲のボビーの作品が登録されているが、"Christie"とKristie”は同じ作品であり   ”All my life”と"Where were you …

続きを読む

American pop music hall of fame, 2

"American pop music hall of fame"は前回も説明したように1969年までにヒット  をだしたポピュラースターのなかからまず40人選び4月に14名にしぼり  7月3日に最終結果が発表される予定。      Rock and roll hall of fameやCountry hall of fameなどについでこのカテゴリー   を設けてこれから毎年、…

続きを読む

Bobby sings for children

5月5日はこどもの日です。   今回は、子供に関係した作品の特集です。   ”Dick & Jane"はD. Blackwellの作品。ボビーは子供たちに語りかけるように優しく   歌っています。1974年の録音で、1975年にシングル発売され「ビア樽ポルカ」   と両面ヒットを記録。最高位33位まで上昇しました。   http://www.youtub…

続きを読む

American Bandstand

"American Bandstand"は(Oct. 7, 1957-Dec. 30, 1987)はもともとPhiladelphiaの30分の  ダンス番組として開始され月曜~金曜の夕方のABCのnetwork番組に拡大されたのは  1957年8月から。同年10月から12月まで月曜の夜7:30-8:00に変更された。  Dick Clarkは4人目のホストで1956–198…

続きを読む

So who is this Bobby Vinton? 15

依然、Bob Morganはつまらない歌詞をボビーが歌いながらの表現に印象づけられていた。  そして別の作品を物色した。1962年2月ボビーはキャノンズバーグからニューヨークに  でてきて次の候補作を録音することになっており、そのなかに「涙の紅バラ」があった。   最初はロックンロールナンバーとして2度目はそスロ―テンポでカントリー調に感情を  こめてうたった。   …

続きを読む

So who is this Bobby Vinton? 12

あとで私はボビーの言ったオペレイターに電話をいれボビーの言ったことを  確認できた。私たちはランチに向かう途中だった。道でボビーは車を呼びとめることも  なくタクシーも我々に気づかなった。バスに乗ったが誰もNo.1の男性歌手には気づかず  「私がしられていないからでなく、ボビーは英国人ではないのに誰も知らないのだ。」  スクランブル・エッグ、ブラウンのオニオンをAme…

続きを読む

So who is this Bobby Vinton? 9

 ボビーのショウ・ビジネスとのかかわりは父親のStanでコーラ会社の機械工と  バンドの指揮者を兼ねていた。ボビーが15の時、彼の仲間がバンドを結成した。  なぜならVinton家に指揮台、楽器が備えられている考えたから。ボビーはバンド  リーダーに選ばれた。意欲的な集まりでTeenager向きのLawrence Welkといった  感じであった。バンドは生き生きとして楽…

続きを読む

So who is this Bobby Vinton ? 8

  1週間後、約束をしてはじめてマンハッタンでボビーにあった。  ボビーのショウを気に入ったことを告げると(それはすぐに特徴的に私に起こった)   もし僕のショウを見なければ「僕に何ができるかわからないだろう。」   「僕は観客のまえで成長してきた。自分の声、楽器演奏を観客を見聞きしている。   TVや映画では両手の動きをみて歌っている。   ステージを離れ私はボビーを…

続きを読む

So who is this Bobby Vinton? 7

バンドリーダーが”New singing sensation, Bobby Vinton”といって   ボビーが登場。ライトブルーのスーツ、赤いネクタイ、ピンクのハンカチ   を胸のポケットにスエードの靴をはき髪はCurly brown、LP”Tell me why"   と同じだった。    オープニングは"There ain't gonna be an open…

続きを読む

So who is this Bobby Vinton ? 3

「涙の紅バラ」以降のボビーはバンドから離れソロシンガーとしての道を歩む。   バンド演奏は甘いヨーデルに洗練されていきます。彼の大ヒットの編曲には率直な   歌い方に少しの感情表現を包みこんでいた。"Blue velvet""Blue on blue" "Rain rain go away""Over the mountain"そして最近の”Mr.lonely". …

続きを読む

Bobby and personality: Dick Clark, Ray Otis.....

以前にもご紹介したが、ボビーはラジオ番組にもゲストとして多数  出演しており、今回はそのなかから5番組をピックアップしよう。  番組ではボビーのトークとレコ―ド(CD)が使用しながらボビーの貴重  な裏話が聞ける。   William B. WilliamsはNew YorkのDJでFrank Sinatraとも親交があった。  大人向きのポピュラー番組で人気をつかんだが(…

続きを読む

Memory of July, 1987: Bobby's first tour in Japan

 今朝は「金環日食」でニュースは持ちきり、日本は平和だ。   あまり悲観的なことは書きたくないが想像を絶する大地震がこの   21世紀中には日本をおそってくる確率が高い。犠牲者が最小限   にとどまることを祈るばかり。こんなことばかり考えていても進歩は   ないので、生きている間に吸収できることは毎日少しでも身につけて   いきたい。    さて今回はボビー・ヴィントン…

続きを読む

Bobby Vinton From radio: Episodes behind the hits

徴兵制度のあるアメリカではショウビジネスの世界で活躍する人物は   その派遣地域に慰問に訪れたり、軍用にラジオ番組が制作されることも   多い。先日他界したDick Clarkもレギュラー番組のほかに多数の軍用   放送を制作し、兵士たちに心の余裕を与えていた。    今回お送りする番組は"Sound like the navy"という海軍向けに制作された   30分の…

続きを読む

Bobby Vinton on Curb Records: Letter to a soldier

Tapestry Recordsでパットした成績を残せなかったボビー・ヴィントンに 救いの手を差しのべたのはCurb Reocrdsの創立者Mike Curbでした。  ボビーはこのレーベルには1988年から1992年まで在籍し8枚のシングルと 6枚のAlbumをリリースしています。今回はCurb Recordsに残した音源を紹介しましょう。 "I believe I'm in …

続きを読む

Live at the Copa: With the Village Stompers

前回はボビーのライブ映像を紹介したが、今回は唯一のLive Album "Live at the Copa"をお届けする。  Bobby Darin, Bobby Rydell, Paul Anka, Connie Francisなども  ここCopacabanaでのLive albumを制作しているがボビー・ヴィントン  は1966年の6月にここに登場しその芸達者ぶりを披露し、…

続きを読む

Encore!!: Bobby Vinton live

今回はボビー・ヴィントンのライブ映像の続編です。  まず、1981年のLas Vegas, Sands Hotelでのショウから  openingのMCに続いてボビーが登場し"On the road again". http://www.youtube.com/watch?v=yxE3O7PwZkM そして客席におりて"Makin' whoopie"などを歌います…

続きを読む

Salute: Bobby with Dick Clark

1983年の10月から12月にかけてアメリカでは"Salute"という  TV番組が制作された。数々のエミー賞を受賞作品を制作した  Bob Henryの制作。HostはDick ClARK。  市販はされなかったが、1983年11月26日(土)の夜,1時間枠で "Salute, Bobby Vinton"が放映された。スタジオ収録でホストのディック・ クラークとボビーが対座して会話…

続きを読む

Vinton sings Vinton: 自作自演集

  ボビー・ヴィントンは歌手であると同時にsongwriterとしても  優れた才能をもっている。1971年には自作曲を9曲収録した  Album"Vinton sings Vinton"がリリースされたこともある。  今回はボビー自身のペンになる作品の特集。   "Her name is love"(愛の綴り)はAlbum"Name is love"に収録されていた作品。  …

続きを読む

ボビーとピンクレディ: From various shows

今回はこれまでの映像紹介でもれていたものをいくつか紹介  します。  まず"15th Juke Box Award"(1979)の映像です。  ここではボビーのヒット・メドレーが聴かれます。  http://www.youtube.com/watch?v=ziXw24n3ZXA  http://www.youtube.com/watch?v=V3aS1D7O8YI     …

続きを読む

Bobby Vinton at the Sands: ’80年代の映像

  TVショウが終了するとボビーはステージ活動を中心によりEntertainer として充実した活動を継続していきます。   今回は’80年代の映像からLas VegasのSands Hotelの映像   1985年にTV放映された"The Bobby Vinton Show"の2本   の映像を中心にご覧いただきます。   この時期ボビーにはLas Vegasの主要ホテルから…

続きを読む

「ミスター・ロンリー」聞き比べ

  ボビー・ヴィントンの日本でのヒットといえば"Blue velvet""Mr.lonely" この2曲に集約される。今回は"Mr.lonely"のいろいろなバージョンを  聴いてみよう。   Bobby Vinton-Gene Allan(Allen)の共作になるこの作品。 ボビーが兵役についていた頃ホームシックにかかった兵士の  気持ちを代弁したいみもあるが、ボビー…

続きを読む

日本未発売音源 4: Another memory

ボビーヴィントンのスタジオ録音オリジナルアルバムは  1977年の「愛の綴り」"The name is love"以降日本では紹介  されていない。Ahed, Curb, Tapestryレーベルなどから発売  され日本で未発売の作品から選んでご紹介しよう。  "OB-LA-DI, OB-LA-DA"はLennon-McCartneyの作品。  Beatles盤は1976年…

続きを読む

スクリーンで聴いたボビー・ヴィントン: Bobby Vinton on Screen

ここ数年、映画館にはいっていないが、古き良きアメリカを思い起こさせる  メロディーがスクリーンから流れると思わずほっとした気分になる。  "Scorpio rising"(1963)は日本未公開のショートフィルム。"Blue velvet" が使用された。   1964年には"Surf Party"が公開されたがこれも、日本では未公開   劇中ボビーは"If I …

続きを読む