いつまでも愛して"Please love me forever"全米6位

45please.gif
ボビー・ヴィントンは1966年の10月からNew YorkでProducer Robert Merseyの下で"Coming home soldier"(全米11位)"For he's a jolly
good fellow""Red roses for Mom"とアルバム"Sings the newest hits"を制作すると同年Nashvilleに移り"Please love me forever"(いつまでも
愛して)を12月8日に録音する。

https://www.youtube.com/watch?v=DgIXu943Zfs
Johnny Malone-Ollie Blanchardの作品。新曲ではなく1958年にはTommy Edwards盤が全米61位、1961年にはCathy Jean & Roommates盤が
全米12位を記録している。ボビー盤は1967年9月にリリースされ最高位6位を記録する。

bvpho1.jpg
 この年アメリカではSan Franciscoを中心に"Summer of love"のMovementが起き、その影響も成功に反映して可能性もある。
12月9日には”Who's sorry now"を録音。Bert Kalmer-Harry Ruby-Ted Snyderの1923年の作品で1957年にはConnie Francis盤が
ヒットしている。ボビーの明るい歌声は、聞き手に希望を与える好唱といえる。あるいはこの作品もシングルの候補だった
かもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=UxxNYXYn9UA
「いつまでも愛して」がチャートを上昇していく時点で1967年の10月からアルバム用の録音を進める。
”It's all in the game"(恋のゲーム)はCarl Sigman-C. G. Dawesの作品。Tommy Edwards盤が1951年全米第1位を記録している。

https://www.youtube.com/watch?v=fOa8g-3RY5U

"Young love"はCarole Joyner-Ric Carteyの1957年の作品。Sonny James およびTab Hunter盤がともに大ヒットしました。
1967年10月13日の録音。ボビーの好調さがわかる出来です。

https://www.youtube.com/watch?v=XRheb1SPjY4
"Love me with all your heart"(太陽は燃えている)はMichael Vaughn-Carlos Rigualの作品。Ray Charles Singers盤
が1964年アメリカでヒット。日本ではEngelbert Humperdinck盤が1971年にヒットしました。これも10月13日の録音。

https://www.youtube.com/watch?v=PViZCEXRXdg
"P.S. I love you"はBeatles作品ではなくGordon Jenkinsの1934年の作品。ボビーの録音は10月12日。米国のTVドラマ"Mad men"に
使用され再注目されました。

https://www.youtube.com/watch?v=CN5xuMHDzY8
"My song of love"はGlen Sutton-Billy Sherrillのオリジナル。
https://www.youtube.com/watch?v=5oUuONqIIX0

このほかEddy Arnoldの"After lovin' you"なども録音しているが全体としてProducerはボビーをあくまでポップシンガーとして
育てようといる意欲が伝わるアルバムである。

pleasesheet.jpg
1966年3月10日に録音しストックされていた"Just as much as ever"もアルバムに追加されました。Charles Singleton-Larry Coleman
の作品で1959年Bob Beckham盤がヒット。1967年12月15日にはこのアルバムからシングル・カットされ全米24位ながら
かなりのヒットを記録しました。

45just.jpg
Bob Beckhamのバージョン
 https://www.youtube.com/watch?v=TzyH8H3KeN4
Bobbyのバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=IEZo6YkGooA
アルバム"Please love me forever"は1967年12月に発売され最高位41位を記録し33週間チャート・インした。
LPpleaseforever.jpg
このアルバムは1973年ごろ再発され2002年にCD化されたが日本ではこれまで未発売。タイトル曲のみ「虹のパラダイス」のB
面として1968年にリリースされた。

J45half.gif
これまで失恋のバラードを録音することの多かったボビーが愛の素晴らしさを歌い、いわゆるラブ・サウンドの担い手として
存在感を高めていったことが注目されます。アルバム全11曲中、タイトルに"Love"を含む作品が6曲。これが端的にアルバムの特徴を
表しています。Nashvillel録音ですが編曲者はBill McElhineyが"It's the talk of the town""After lovin' you""My song of loveの3曲の
クレジットのみで、参加ミュージシャン等のクレジットはありません。シンセサイザーが多用されているのも
これまでの録音との大きな違いです。LPではA面の方が親しみやすくB面は選曲がやや地味な印象を受けます。

 またアルバムカバーの裏面にはBobby Vinton Cover girl Contestについての記述があります。

bvcovergirl.jpg
"Another memory"はボビーの自作。"Just as much as ever"のB面としてリリースされました。
https://www.youtube.com/watch?v=lorhSyIkdio
CBSはNashvilleにもオフィスを立てカントリー部門を強化するなかボビーは新しい活躍の場を見出し順調なスタートを切ります。
bvads6.jpg
Please Love Me Forever - Bobby Vinton
Please Love Me Forever - Bobby Vinton




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • aki

    憲法改正を急ぐ理由を知って下さい
    管理人様、お邪魔致します。
    改憲の議論が進まぬ中、中国が連日 日本の領海侵犯を強化し、尖閣奪取を狙っている現状を、中国に侵略されたチベットや、今の香港等の姿と重ねて多くの皆様に今どうか知って頂きたく思い、恐れながら書き込ませて頂きました。

    戦後日本を弱体化させる為、アメリカが作成した日本国憲法施行後、韓国が竹島を不法占拠し、その際日本の漁船を機関銃で襲撃し、多くの船員が死傷しました。

    北朝鮮は国民を拉致し、日本全土を射程に入れるミサイルを数百発配備しており、尖閣には連日中国艦艇が侵犯する現状でも、憲法の縛りで日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

    現在まで自衛隊と米軍の前に、中国や北朝鮮の侵攻は抑えられて来ましたが、米軍がいつまでも守ってくれる保証は無く、
    時の政権により米軍が撤退してしまえば、攻撃されても憲法により敵基地攻撃能力が無い自衛隊のみでは、
    日本はチベットと同じ道を辿りかねません。

    9条の様に非武装中立を宣言しても、平和的で軍事力の低かったチベットウイグルを武力で侵略虐殺し、現在進行形で覇権拡大を行い「日本の領海を力で取る」と明言している中国や

    核ミサイルで日本を狙う北朝鮮、内部工作を行う韓国が沖縄尖閣等から侵略の触手を進めているからこそ、GHQの画策により戦う手足をもがれた現憲法を改正し、
    自立した戦力と抑止力を持たなければ国民の命と領土は守れないという事を
    中韓側に立ち国民を煽動する野党やメディアの姿と共に 一人でも多くの方に知って頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
    https://pachitou.com
    長文、大変申し訳ありません。
    2020年07月16日 18:43