オー・ホーリー・ナイト

EPXmas.gif
 クリスマスが近づいてきました。今回はクリスマス・ソングの特集です。
”Santa claus is coming to town"(サンタが街にやってくる)は1987年の録音です。

https://www.youtube.com/watch?v=NFmMW0Ae7eA
 残念ながらボビーのクリスマス・ソングは現在、日本盤のCDでは入手できません。これまで日本で発売された
のは1964年にコンパクト盤で米国盤LP"A very merry christmas"から4曲。その後はオムニバス盤のなかに「ジングル・ベル」「オーホーリー
ナイト」通販商品で"Dearest santa"とわずか6曲のみです。

1987年にリリースされたアルバム”Santa must be Polish and christmas sounds of today"は5曲入りでクリスマス・チャートにも
はいった作品。声に張りもあり編曲も良いが、なぜ5曲しか録音しなかったのか疑問が残る。
"Jingle bells"1987年の録音。日本でもリリースされたこともある油ののったできです。

https://www.youtube.com/watch?v=yIvtFqIpJXM&t=87s

"Deck the halls"
https://www.youtube.com/watch?v=GHx9oUZYSHY

lpsanta.jpg

bvchc.jpg
時代はさかのぼります。1964年のアルバム"A very merry christmas"からいくつか紹介します。
"Christmas angel"(1964)はボビーの自作。アルバム"A very merry christmas"に収録された作品で日本でも発売されたことが
あります。
JEP2.gif
https://www.youtube.com/watch?v=xnmNFbYWrkI

"Do you hear what I hear"(耳をすましてごらん)は"Rain rain go away"(涙の太陽)をかいたNoel Regney-Gloria Shaneの作品。

https://www.youtube.com/watch?v=jVKHIWA1Ddk

”Three wise men wise men three"も同じコンビの作品。
https://www.youtube.com/watch?v=H3umuzmxnjg

"Christmas in Killarney"(キラニ―のクリスマス)はJames Cavanaugh-John Redmond-Frank Weldonの作品。
Bing Crosby, Percy Faith, Anne Murrayなども録音していますが、ボビーも快調にこなしています。


https://www.youtube.com/watch?v=nUS0Y5h7jA0
このアルバムからは"Bell that couldn't jingle/Dearest Santa"がシングルで発売されクリスマス・チャートに両面とも
はいっています。

 1970年にはEpicからクリスマス・シングル"Christmas eve in my hometown"をリリース。チャートには登場しませんでしたが
その後、徐々に浸透し、現在はボビーのクリスマス・ソングの定番となっています。

 この後、1987年のTapestryのアルバムをへて1990年にはCurb Recordsで5曲のクリスマス・ソングを録音し
タペストリーの5曲と合わせて"Great Songs of christmas"としてリリースしました。

CD277347.gif

1995年には"Kissin' christmas"を古巣Epicで録音しタペストリーの録音をくわえてアルバム"Kissin' christmas"(1995)もリリースされています。

cdkisisn.jpg

最後に
1963年のEP”Songs of christmas"には"White christmas""Christmas song"など4曲を録音しました。

"O holy night"も1963年の録音。日本でも発売されたCD「おとなのクリスマス」に収録されており欧米ではボビーのバージョンが
高い評価を得ています。

https://www.youtube.com/watch?v=k5bp4ayh97E
cdkisisn.jpgbvexmas.gif45dearrestsanta.jpg
今、現在アメリカで発売されているアルバムではReal Gone Musicの"Complete Epic christmas Collectionが推薦できます。
日本盤は輸入盤に日本語の帯をつけただけで歌詞も解説もついておらず価格からいっても輸入盤がベストです。
1963年の作品もここではステレオで収録されており、音質も良好です。欲をいえば、3人の編曲者がどの曲をアレンジした
のかのクレジットがあったらと思いました。
 ファン必携のアルバムでクリスマス物に関心のない方にも勧められます。


CDmerry.jpg




A Very Merry Christmas--the Complete Epic Christmas Collection - Bobby Vinton
A Very Merry Christmas--the Complete Epic Christmas Collection - Bobby Vinton

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック