Country Boy

bvpicc3.jpg
 デビュー当時からカントリー調の作品を数多く録音してきたボビーが本格的にNashvilleで”Country Boy"というアルバムを
制作したのは1966年の事。

LPCountry.gif
アルバム"More of Bobby's greatest hits"と一番違いで発売されたが、自身のヒットが収録されて
おらず当時は、それほど注目されなかった。

bvpara.jpg
"Crazy"はWillie Nelsonの作品。Patsy Cline盤が1961年全米9位にランクされている。

https://www.youtube.com/watch?v=JQrj13h9kKY
ボビーは1962年にもアルバム「涙の紅バラ」でPatsyのヒット"I fall to pieces"を録音している。
"Remembering"(はかない夢)は自作曲。1964年のシングル"Tell me why"のB面としてリリースされている佳作曲。


J45tell.gif

https://www.youtube.com/watch?v=kpICD-uD0tk
ボビーが最初に録音場所としてNashvilleを選んだのはこの曲より約1年前の"Over the mountain"で全米21位を記録しました。
JOver.gif
https://www.youtube.com/watch?v=qZ9ADx6MzBg

  この曲を収録したアルバム"Greatest hits of the golden groups"は全曲Nashvilleで録音され発売当時はセールスが伸びなかったが
 やがてCollectors itemとなりボビーの初期の代表作と位置づけられている。

lpgroups.jpg
 このアルバムから"My special angel"
https://www.youtube.com/watch?v=zcDpbBPSpnc
ついで制作したAlbum"Blue velvet"も"Blue on blue"を除いてNashvilleで録音。
LPvelvet.jpg
"Mr.blue"は、このアルバムに収録されていました。
https://www.youtube.com/watch?v=z2y8oek4Vo8
1964年暮れにリリースされたアルバム”Mr.lonely"でも後半はNashville録音で構成されていました。


"l'll never smile again"(微笑みを忘れて)はRuthe Loweの作品でFrank Sinatraなどが録音しています。

https://www.youtube.com/watch?v=qx0BNsRZKtY

CBSの傘下であったEpic Recordsは制作陣にBilly Sherillを加え、カントリー部門を強化しDavid Houston, Barbara Mandrell, Charlie Rich, Tammy Wynnetteなどのスターを育てます。
 そういった中で制作されたAlbum"Country boy"はBob Morgan & Billy Sherrillの共同制作でボビーもその実力を発揮しています。
 "Riders in the sky"Stan Jonesの作品。

https://www.youtube.com/watch?v=RWm2985gTLs
 ”Detour"はPaul Westmorellandの作品。
https://www.youtube.com/watch?v=kQmdrsVd7Nk

 "Country boy"はこのアルバムのタイトルソング。Fred Brooks-Marshall Barerの作品。Sam Cooke, Harry Belafonte,
Don Williamsなどが録音していますが、ボビーはテンポを落としてじっくり歌っています。シングル・カットも検討
されましたが、実現はされませんでした。
 日本では今日まで未発売ですがアメリカではCD化されています。

CdCboy.gif
 https://www.youtube.com/watch?v=evNm4jOqx9I

bvph8.jpg
こうしてボビーが本格的にNashvilleで音楽活動を始動する環境は着々とすすんでいったのです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック