Bobby in Nashville


今年の後半は来日アーティストのラッシュになりそうな気配。
  Paul McCartney, Tony Bennett, Frankie Valli年齢からいって
  最後の来日公演になる可能性が高い。特にFrankie Valli & the Four Seasons
は9月に日比谷公会堂でのコンサートが予定されている。今年79歳という高齢の
  Frankie Valliは最初で最後のショウになるかもしれない。


さて今回は50年前、1963年のボビーの活動に注目してみよう。
   この年ボビーのリリースしたシングルは"Over the moutain/Faded pictures"
"Blue on blue/Those little things""Blue velvet/Is there a place""There!I've
said it again"/Girl with a bow in her hair

画像

EPは"Songs of Christmas"
LPは”Greatest hits of the golden groups""Blue on blue"(retitled as "Blue velvet")

この年1月末からNashvilleでalbum"Greatest hits of the golden groups"の制作にはいる。
   コーラスにはJordanairesが参加。

画像

   ”Earth angel"はCurtis Williams-Gaynel Hodge-Jesse Belvinの作品。Crew-Cuts盤が
   1955年全米3位を記録している。ボビーは体調が悪く丁寧にうたったのが逆に幸いして
   暖かい歌声を聴かせる。

    http://www.youtube.com/watch?v=Y8LiyrjSb58

”I”ll remember(in the still of the nite)はFive Satins盤が1956年全米24位を記録。
   ボビーのヴォーカルも聴く者の心をうつ好唱です

   http://www.youtube.com/watch?v=QeFZgs8sKT0
    
画像

”Great pretender"Buck Ramの作品。Platters盤が1956年全米第1位を記録。
   ボビーは鼻声ながらうまい表現を聞かせています。

   http://www.youtube.com/watch?v=GPCmtWKaLHY

”Thousand miles away"(1000マイルも離れて)はJames Sheppard-William Miller
の作品。Heartbeats盤が1957年と1960年にチャートインしています


   http://www.youtube.com/watch?v=r44Sfz0iGRU

5月下旬になるとアルバム"Blue on blue"を完成させるため再びNashvilleにやってくる。
   ”St. Louis blues"はW,C, Handyの作品。Bobby Vinton Orchestraのころからのレパートリー

     
画像

   http://www.youtube.com/watch?v=jviFk7CGl-k

”Am I blue"はHarry Akst-Grant Clarkの作品。1929年Ethel Waters盤が大ヒットしている。
   ボビーは「ブルーオン・ブルー」のフォローアップシングルとしてこの曲を希望していた。
   今、聴いてみるとそれなりの出来だが当時はあまり評価が高くなかった。


   http://www.youtube.com/watch?v=8pKXQYhszQg

”Blueberry hill"はAl Lewis-Larry Stock-Vincent Roseの作品。1940年Glen Miller Orch.
の演奏盤が大ヒットしています。1957年にはFats Domino盤がヒット。全米2位を記録。


   http://www.youtube.com/watch?v=k_XV0QtOwNI

そして最後の1曲に選んだのが"Blue velvet"ボビーは秘書に楽譜を入手させ
   1963年5月27日録音。8月2日にシングルとしてリリースします。
   日本盤では編曲・指揮としてBurt Bacharachとクレジットされていますがこれは間違い
   BacharachはNashvilleの録音には関係しておらずフロイド・クレイマー(ピアノ)
   チャールズ・マッコイ(ハーモニカ)グラディ・マーティン(ギター)ブーツ・ランドルフ(サックス)
   など名手をバックに数回のテイクで録音。契約の関係でこういった名手たちの名前は
   クレジットされていない。"Blue velvet"そしてB面の"Is there a place"です。"

   
画像

   http://www.youtube.com/watch?v=m9xhpaeDaec

   
画像


  にほんブログ村http://ping.blogmura.com/xmlrpc/y20nwr6rm7m2
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!