Mr.lonely (No. 20): 裏声

 「ミスター・ロンリー」でボビーは裏声をたくみに使い
曲の美しさを浮かびあがらせた。Buddy Greco盤では
裏声を使わず、キーをあげて歌っている。一般に本格派
のヴォーカリストが裏声を多用することは、どちらかというと
タブー視されてきた。
 Andy Williiamsが’70年代にはいり裏声を使い出すと
批評家から非難されるといった状況もあった。
 「ゴッドファーザーの愛のテーマ」「好きにならずにいられない」など
である。
画像

画像

 デビュー当時、ボビーはLP"Roses are red" "Sings the big ones"
などで裏声を多用しすぎたきらいがあり、成功した例としては
シングル「涙の太陽」のB面"Over & over"くらいだろう。

画像

’63年頃からは裏声をあまり使わなくなった。LP"Satin Pillows"('66)のなかの
"Bitter teardrops"で裏声を効果的に使っているが録音自体は’62年なので
誰かからアドバイスを受けたか、自身の判断か、これが歌手としての寿命を延ばした
要因の一つだろう
画像


 ボビーと同時期に活躍したティーン・アイドルのなかには裏声で成功をつかんだスター
も多数いる。デル・シャノンは「悲しき街角」「太陽を探せ」などを大ヒットさせた

画像

画像

'64年にデル・シャノンがリバイバルさせた「ハンディ・マン」は黒人歌手Jimmy Jonesの’61年のヒットで同年には
"Good timin'"を裏声をたくみに使い大ヒットさせています

 
画像

 ルウ・クリスティは「恋のひらめき」(’66)「魔法}(’70)などでファルセットを効果的に用いヒットさせた。

画像

画像

 広い音域を持っていたジーン・ピットニーも「恋の息吹き」('61)「メッカ」('63)など裏声を使っていた。
画像

グループではFour Seasonsが「シェリー」('62)「悲しきラグドール」('64)などFrankie Valliのファルセット
ボイスで一世を風靡した。
 
画像

画像


 今日でもボビーはステージで「ミスターロンリー」を歌う際には裏声をだせる声量をもっている。
ここに紹介するDVDでもそのシーンは鑑賞できる


http://www.youtube.com/watch?v=s8xOMg6ca0U
画像

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家

人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • pack of lie

    日本では、坂本九が「グッドタイミング」という曲で使っていましたね。
    2010年04月24日 19:02
  • ブログランキング

    はじめまして、
    ブログランキング「ブログん家」の管理者です。
    ランキングへ参加してみませんか?
    http://www.blog-server.net/
    よろしくお願いします。
    2010年04月25日 13:30

この記事へのトラックバック